トップ > 各課 > 住民課住民生活室 > ペット・動物を飼うときのルールとマナーについて

ペット・動物を飼うときのルールとマナーについて

責任を持ち面倒みよう最後まで!(犬の飼い方はこちら、猫の飼い方はこちら

・飼い主は、動物の本能や習性を理解し、愛情を持って育てましょう。

・他人への危害や近所の迷惑にならないように責任を持って、終生飼いましょう。
(愛犬が無くなったら死亡届PDFファイル(108KB)を提出してください。)

・どうしても飼えなくなったときは、責任を持って新しい飼い主を見つけましょう。
 

野良猫にエサを与えないでください!

・可哀相だからとエサを与えていると、そこが猫の住処となり、あなたが飼い主としての責任を負うことになります。

・その猫が他人に迷惑をかけた場合は、あなたの責任となります。エサは与えないでください。
 

地域の環境美化に努めましょう!

・犬や猫のフンの後始末は、飼い主の義務です。

・公園や道路は、村民みんなのものです。

・みんなが気持ちよく使えるよう散歩中のフンは必ず持ち帰りましょう。
 

不妊去勢手術を受けましょう!

・無責任な飼い主に捨てられた犬や猫が色々な問題を起こしています。

・子犬子猫を望まないのなら、飼い主の責任で避妊手術や去勢手術を受けるようにしましょう。

・手術の時期や方法は、動物病院で相談しましょう。

お問い合わせ先

住民課住民生活室 生活環境係
電話:01656-5-3312(内線 35)
FAX:01656-5-3837