トップ > 音威子府村について > 位置、気象

位置、気象

位置

音威子府村の位置

本村は上川管内の北端に位置し、北東は宗谷管内枝幸町、北は宗谷管内中頓別町、北西は中川町・南は美深町に隣接し東西22.2km、南北18.6km、総面積275.63平方kmを有しています。村の中央を貫流する狭隘な耕地と、総面積の86パーセントを森林が占め、そのほとんどは道有林と北海道大学研究林で形成されています。

北緯44度43分、東経142度16分、標高40m

気象

東西ともに約50kmでオホーツク海・日本海に達することから、海洋性気象に属し、四方山岳の囲まれた狭隘な盆地的地形のため寒暖の差が激しく、12月から3月の平均気温は-6度以下、6月から9月は17度以上となり酷暑時期には30度以上を示す事もありますが、酷寒時期には-30度以下になることもあります。
また、道内でも有数の豪雪地帯で降雪量は12mを超えることもあります。平成10年11月18日未明から19日にかけ積雪135cmを観測し、11月の積雪量で道内歴代2番目の記録となりました。

 

村の木と花

アカエゾマツ

村の木:アカエゾマツ

シバザクラ

村の花:シバザクラ