トップ > 各課 > 住民課住民生活室 > 個人村道民税の特別徴収について(村道民税を給料から天引きする場合について)

個人村道民税の特別徴収について(村道民税を給料から天引きする場合について)

個人村道民税の特別徴収とは

特別徴収とは、給与所得にかかる個人村道民税を納めやすくするため、納税者が1年間に納めなければならない村道民税を6月から翌年5月までの12回に分けて、給与支払者が毎月給与の支払いをする際、納税者から徴収し、事業所ごとにまとめて納入していただく制度をいいます。

特別徴収義務者とは

地方税法および音威子府村税条例の規定により、指定を受けている給与支払者(事業主)をいいます。
5月31日までに音威子府村から「特別徴収義務者指定通知書」と「村民税・道民税特別徴収税額通知書」が送達されますと特別徴収の義務が発生し、各納税者から毎月定められた税額(月割額)を徴収し、納期限(徴収した月の翌日10日)までに「納入書」により納入していただくことになります。

特別徴収される人

1月1日現在、音威子府村に住所を有し、前年中に給与所得があり、6月1日現在において引き続き給与の支払いを受けている人です。

退職・休職等の異動があった場合

退職や休職等により納税者(従業員)に異動があった場合は、その事由が発生した日の翌月10日までに給与支払者(事業主)が、給与所得者異動届出書を提出するしてください。

様式
給与所得者異動届出書PDFファイル(70KB)

 

不明な点がありましたら、担当係へお問い合わせください。

 

 

 

PDFと表示されているファイルを参照するには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
次のリンクからビューワーソフトを入手できます。

お問い合わせ先

住民課住民生活室 税務国保係
電話:01656-5-3312(内線 34)
FAX:01656-5-3837